システムトレードのメリットとデメリット

FX初心者にこそお勧めできるシステムトレード
裁量トレードと比べると、感情を排することができ初心者も取り組みやすい、というメリットのあるシステムトレード。しかしながら、当然メリットもあればデメリットも存在します。本稿では、システムトレードのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

 

 

 

システムトレードのメリット

システムトレードのメリットは下記2つを挙げることができます。

 

@ 心理面の克服無しでトレードの成功が望める
A 時間的な制約から解放される

 

トレーダーとして成功するためには、感情に任せたトレードを行わない、という心理面の克服が必要不可欠となります。システムトレードでは、売買をシステムに任せることで、ハードルの高い心理面の克服無しにトレードでの成功が望めます。初心者でも心理面での克服無しにトレードでの成功が望めるという面が、システムトレードの最大のメリットと言っても過言ではありません。

 

時間店な制約からの解放については、システムトレードの場合、売買のタイミングは常時システムが監視しているので、トレーダーは24時間相場に張り付く必要はありません。よって真夜中のトレード等、通常では対応できない時間帯においても、システムトレードは売買が可能となります。よってシステムトレードは、売買機会を逃すことなくトレードを進めることができます。

 

 

 

 

システムトレードのデメリット

FX初心者でも勝つ可能性があるシステムトレードですが、相手は相場なので当然万能ではありません。ここではシステムトレードのデメリットを2点ピックアップしました。

 

@ 優れたシステムを探すのが大変
A 優れたシステムも常時成績がよいとは限らない

 

システムトレードにおいて勝つためには、優れた売買システムが必要となりますが、その優れたシステムは自ら探す必要があります。多くの売買システムが存在していますが、優れた売買システムというのはホンの一握りとなります。このホンの一握りの優れた売買システムを自ら探し出すことができないと、そもそもシステムトレードは始まりません。

 

その意味では、システムトレードは事前の準備が裁量トレード以上に非常に重要となってきます。
また優れたシステムにおいても、常時成績が良いとは限りません。ある時期は成績が良くても、ある時期は成績がサッパリという事態は頻繁に発生します。

 

よって万能なシステムは無い、という認識の下で、優れたシステムを探し、そのシステムの調子を見守りながら、調子が悪くなったら一旦システムを停止する等の、対応は必要不可欠となります。システムトレードと言っても、トレーダーはシステムをほったらかしにするのではなく、定期的にシステムの入れ替え等のメンテナンスを行う必要があります。

 

まとめ
初心者にも入りやすいシステムトレードですが、上記のように当然デメリットも存在しています。初心者の方がシステムトレードに取り組む際は、利益を得られるメリットだけでなく、損する可能性というデメリットも踏まえた上で、システムトレードに取り組む必要がありますので、ご注意ください。。

 

初心者におすすめ業者を項目別でピックアップ!


 

最初のうちは少ない資金でリスクを極力
少なくしてトレードすることが重要ですから
1000通貨からトレードできる業者を選ぶ

ようにしましょう。



 

使い方が複雑な業者でトレードするのはおすすめしません!集中してトレードできる環境作りが口座選びではなによりも重要です。