証拠金とレバレッジについて

日本国内でのFXのレバレッジは、金融庁による2011年の
規制以前は400倍まで利用することができましたが、
規制以降は25倍に制限されました。

 

レバレッジ25倍とはどういうことなのかというと、400万円の
証拠金があれば最大で1億円の投資ができるということです。

株式などの現物投資に比べればかなり資金効率の良い投資運用ができます。

 

FX初心者の方から「レバレッジ25倍に設定するにはどうしたらいいですか?」という
質問を受けることがよくありますが、レバレッジどいうのはなにかを設定する必要はなく、
証拠金に対するポジション数量によって倍率が決まるだけのことです。

 

例えば、10万円の証拠金でドル円を1万通貨ポジションを保有した場合、
レバレッジは10倍になります。2万通貨なら20倍、1000通貨なら1倍という具合です。
(1ドル100円の場合で計算)

 

レバレッジを下げるためには証拠金額を大きくすれば下がります。

 

25倍ですとドル円を1万通貨保有するために証拠金を5万円弱入金する必要がありますが、
現在は最低取引単位を1000通貨からに引き下げている業者が増えてきました。
「もっとハイレバレッジで儲けたい」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、
FXを始めたいという動機が“儲けたい”なのであれば、FXはやめたほうが良いです。
FXは投資ですから、ギャンブルのような投機のようにやるのは厳禁です。
余剰資金で、適正レバレッジで利益をあげていくプランを立ててトレードするのがFXです。

 

 

25倍以上のレバレッジでFXをしたい場合

国内業者は25倍までのレバレッジに規制されていますが、
海外業者を使えば25倍以上のレバレッジでFXをすることができます。
400倍にとどまらず、800倍の業者もあります。
しかし、海外なので信託保全などは当然ありませんし、
税率も国内に比べると最大で50%にもなります。

 

実際にあった話ですが、数年前に倒産した海外業者があったのですが、
ホームページが忽然となくなり、証拠金が出金できなかったという悲惨なことがありました。
計画倒産のような被害に遭った人が多くいたのです。

 

預けた証拠金は泣き寝入りするしかなかったわけです。

 

このようなリスクを承知した上で海外業者を使いたいというのであれば止める理由は
ありませんが、安全にFXをしたいのであれば国内業者でトレードしましょう。

 

 

初心者におすすめ業者を項目別でピックアップ!


 

最初のうちは少ない資金でリスクを極力
少なくしてトレードすることが重要ですから
1000通貨からトレードできる業者を選ぶ

ようにしましょう。



 

使い方が複雑な業者でトレードするのはおすすめしません!集中してトレードできる環境作りが口座選びではなによりも重要です。