FXの怖い部分

FXは一般人にも敷居が低い投資商品で、少ない資金でもレバレッジをかければ大きな利益をあげられる魅力的な取引です。
しかし、レバレッジは少ない資金で大きく上げられると言っても、
予想に反した値動きをした場合はそのレバレッジの倍率分だけの
早さで証拠金が目減りしていきます。
つまり、諸刃の剣といったところでしょうか。

 

現在、国内業者を介してFXをする場合は25倍のレバレッジに固定されていますが、2011年の金融庁
によるレバレッジ規制が施行される以前は、国内業者でも100倍から600倍もの大きなレバレッジを
かけて取引することができました。レバレッジ倍率の高い業者順に人気になったことから、
業者間で熾烈な高レバレッジ合戦が勃発し、どんどん倍率が上がっていったのです。

 

こうなると、FXを投資として捉えるトレーダー以外に、投機(ギャンブル)のような扱いで
参入してくる人も急増し、それに比例して、財産を失ってしまう人も増えていったのです。

 

  • 追証が払えなくて破産してしまった。
  • 余剰資金ではなく生活費までもつぎ込んで生活できなくなった。

 

このような事態を重く見た金融庁はレバレッジ規制に乗り出し、
2011年から段階的にレバレッジ倍率を下げていくことを決定。
それ以降、まずは50倍となり最終的には25倍固定に規制されることに。

 

この規制が発表されたときは規制内容に対して批判が殺到し、個人に留まらずFX業者からの反対も
多数ありました。FX参加者が激減することは火を見るよりも明らかで死活問題なのですから当然の
ことですね。

 

しかし規制は予定通り施行され、今に至ります。
予想通りFX参加者は激減したのですが、投機目的の参加者がいなくなったというだけで、
投資家、もしくはFXを投資と捉えている人は残ったのではないかと思います。
何を言いたいのかというと、FXをギャンブルのゲームのような扱いをしていた
人々が消えただけのことですし、FXはレバレッジ25倍でも充分有利に利益を
出すことができるのではないかということです。

 

FXでトレードする際には必ずトレードプランを立ててから入るのが常識で、
当然リスクリワード限定してルールを立てるでしょう。

 

証拠金維持率に充分な余裕を持たせて、リスクは極力避けるトレードが投資における
理想の形のはずですから、ハイレバレッジでFXをすることは投資とはいえないでしょう。

 

 

初心者におすすめ業者を項目別でピックアップ!


 

最初のうちは少ない資金でリスクを極力
少なくしてトレードすることが重要ですから
1000通貨からトレードできる業者を選ぶ

ようにしましょう。



 

使い方が複雑な業者でトレードするのはおすすめしません!集中してトレードできる環境作りが口座選びではなによりも重要です。