システムトレードとは?

そもそもシステムトレードとは?
「システムトレード」を簡単に定義すれば、売買に関する一連の作業をルール通りに行う取引手法、と言うことができます。

 

一般にFXトレーダーは自らの知識や経験に基づき、その時々の売買を自己判断で行う「裁量トレード」が多いのですが、「システムトレード」はポジションの取り方や売買のタイミング等をあらかじめ決めて置き、そのルールに従い継続的に取引を行う手法のことを言います。

 

よってシステムトレードは、コンピューターによる単に自動化された取引だけを指すだけでなく、感情などの心理的な要素を拝して、あらかじめ決めたルールを厳守して取引を行うのであれば、完全に自動化されていない取引もシステムトレードと言うことができます。
 要はルールを決め、それを淡々と実行することがシステムトレードの最低条件、と言うことができます。

 

 

 

トレードの成功は感情面の克服が要

トレードの成績は感情に左右される部分が多く、裁量トレードの成否はトレーダーが如何に自己の感情に左右されず(熱くならずに)淡々とトレードできるか、という面にかかってきます。

 

しかしながらトレード時の感情抑制は、中級以上のトレーダーも苦労する部分であり、裁量トレードと感情の問題は切っても切れない関係と言えます。

 

一方、システムトレードは感情を一切排したトレードが可能となります。トレードにおける感情を一切排することで、初心者トレーダーでもベテラントレーダー並みの心理的環境でのトレードが可能になります。

 

ただしシステムは「買い」のサインを示しているのに、自らの判断では「売り」と考えている時は、自らの判断とは異なる「買い」でのエントリーが必要となります。このような場合に、自らの判断で「売り」のエントリーを行えば、それは「システムトレード」ではなく「裁量トレード」となります。

 

このような場合を考えると、システムトレードには、システムに完全に任せきる、という裁量トレードとは違う面での心理的ハードルが存在しています。

 

数字で成績を判断できるシステムトレード
裁量を入れないシステムトレードにおいては、そのシステムの成績を厳密に数字で評価することができます。過去一定期間の勝率や獲得pips数は、過去の値動きのデータさえあれば、数字のデータとして見ることができます。

 

よって初心者でも、数字でそのシステムの良し悪しを判断することができます。事前に成績のよいシステムのみを取り上げて、そのシステムにトレードを任せることができれば、FX初心者でも非常に勝つ可能性の高いトレードが可能になります。

 

実際は、単なる過去の数字検証だけでトレードで勝ち続けることは難しいのですが、少なくともそのシステムの良し悪しが数字で判断できる、という点はシステムトレードの大きなメリットと言えます。

 

まとめ
FXトレードの売買技術の向上には、トレード技術の向上以上に心理面の克服も大切な要素となります。システムトレードは、その心理面のハードル問題なしでトレード成績向上が図れる方法となります。
 よってFX初心者がトレードの第一歩を踏み出す際、裁量トレードではなくシステムトレードから開始するというのは、有力な選択肢となりえます。

 

 

 

 

初心者におすすめ業者を項目別でピックアップ!


 

最初のうちは少ない資金でリスクを極力
少なくしてトレードすることが重要ですから
1000通貨からトレードできる業者を選ぶ

ようにしましょう。



 

使い方が複雑な業者でトレードするのはおすすめしません!集中してトレードできる環境作りが口座選びではなによりも重要です。